地域の皆さまの健康と福祉の為に 医療法人社団 古川医院

地域の皆さまの健康と福祉の為に 医療法人社団 古川医院

一般事業主行動計画

職員が持っている能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間
 令和3年5月1日~令和5年4月30日までの2年間

計画内容
 目標1: 妊娠中や産休・育休復帰後の職員のための相談窓口の設置
 【対策】 ● 令和3年6月~  相談窓口の設置について検討(該当者への面談実施)
      ● 令和3年7月~  相談員の研修(社会保険労務士との連携)
      ● 令和3年8月~  相談窓口の設置についての職員への周知

 目標2: 子の看護休暇制度の拡充
     (子の対象年齢の拡大、育児・介護休業法の規定を上回る日数付与、「中抜け」制度など)
 【対策】 ● 令和3年7月~  職員のニーズの把握、検討開始
      ● 令和4年3月~  制度の導入、職場広報誌などによる職員への周知

 目標3: 有期契約労働者を含む全職員の年次有給休暇を1人あたり平均年間6日以上取得
 【対策】 ● 令和3年5月~  年次有給休暇の取得状況の把握
      ● 令和3年6月~  計画的な取得に向けての管理職研修の計画的実施
      ● 令和3年6月~  各部署における年次有給休暇の取得計画の策定
      ● 令和3年8月~  院内広報誌などによる職員への周知